ホーム > 会社情報 > CSR活動 > 社会の一員としての責任

社会の一員としての責任

  • DBJにとってのCSRとは、本業である金融業務を通じて社会に貢献することはもちろん、社会の要請を真摯に受けとめ、社会の一員としての責任を果たしていくことです。

    そのためには、役職員一人ひとりが日常業務のなかで常に「社会」「環境」「経済」を意識して活動することが必要であり、それにより社会から信頼され、好まれ、選ばれる金融機関になることができる、と考えています。

ページ先頭

ページトップへ