ホーム > DBJのCSR > 投融資等を通じた環境配慮

投融資等を通じた環境配慮

DBJ環境格付融資

DBJは、40年以上にわたる環境対策事業に対する3兆円以上の投融資実績により培った知見をもとに、2004年に世界で初めて環境格付融資を開始しました。これは、DBJが独自に開発したスクリーニングシステムにより、企業の環境経営度を評価して優れた企業を選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「環境格付」の手法を導入した融資メニューです。こうした 評価認証型融資 を通じ、これまでのべ900を超えるお客様と対話を行い、お客様のESGの取り組みを幅広く支援し、サステナブルな企業活動に貢献しています。また、評価認証型融資の普及拡大により、企業とステークホルダーの対話や協調を促進し、中長期的な成長力を有する企業が評価される金融環境の整備に努めています。

DBJ環境格付融資ロゴ

エネルギー分野への取り組み

また、DBJは、国内エネルギー産業の構造改革を背景に、電力・ガス・石油産業等の事業再編・海外展開への支援のほか、再生可能エネルギー普及に向けた発電所の新増設やキャピタルリサイクルへの支援に注力するなど、時代のニーズに対して最適な金融ソリューションを提供してきました。こうした取り組みを継続し、世界レベルでの低炭素集約型社会の実現に貢献していきます。

取り組み事例

DBJ Green Building認証

DBJは、長年にわたる不動産向けファイナンスで蓄積してきたノウハウ及びネットワークを活かし、2011年度に「DBJ Green Building 認証」制度を創設しました。環境・社会への配慮がなされた不動産(グリーンビル)について、環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証し、その取り組みを支援しています。DBJは、引き続きGreen Building 認証制度を通じた不動産業界におけるサステナビリティの推進とESG投資を後押ししていきます。

DBJ Green Building認証ロゴ

ページ先頭

ページトップへ