ホーム > DBJ News > 2009年05月 > 環境格付でADFIAP Awards環境部門賞を受賞

DBJ News

2009年05月21日

環境格付でADFIAP Awards環境部門賞を受賞

 株式会社日本政策投資銀行(社長:室伏稔、以下「DBJ」という)は、4月27日からオマーンで開催されたADFIAP(Association of Development Financing Institutions in Asia and the Pacific、本部:フィリピン/マニラ)の年次総会にて、当行の環境格付(環境に配慮した経営の評価)融資制度においてADFIAP Awardsの環境部門賞を受賞いたしました。

 ADFIAP Awardsは、域内の優秀かつ啓発性の高いディールを広く周知し、金融手法・技術の共有を図る目的で、前年度に優れた実績を残したアジア太平洋地域の開発金融機関を表彰するものです。

 環境格付融資は、UNEP FI(国連環境計画金融イニシアティブ)や環境省との情報交換を踏まえて、当行が2004年に開始したものです。120の質問からなるスクリーニングシートに基づき、世界の環境動向を踏まえた公平中立な立場からお客様の環境への取り組みを評価し、それに応じた優遇金利融資を行うもので、現在までに150件以上の実績があります。
 
 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援すると共に、環境格付制度の向上にも努めて参ります。


【ADFIAP概要】
正式名称 :Association of Development Financing Institutions in Asia and the Pacific
       (アジア太平洋開発金融機関協会)
設  立 :1976年10月(本部:フィリピン/マニラ)
目  的 :アジア太平洋地域の開発金融機関の協調促進、
       開発金融の調査研究、人材育成等
加盟機関 :アジア開銀(特別メンバー)をはじめとする40ヶ国・地域、100機関


【お問い合わせ先】

国際部            電話番号03-3244-1770
公共ソリューション部   電話番号03-3244-1750

0000002841_img1.jpg

ページ先頭

ページトップへ