ホーム > DBJ News > 2011年05月 > [[News]]不二製油(株)に対し、 「DBJ環境格付」...

DBJ News

2011年05月09日

[[News]]不二製油(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-関西エリア食品製造業で初の環境格付取得-

 株式会社日本政策投資銀行(社長:室伏稔、以下「DBJ」という。)は、不二製油株式会社(本社:大阪府泉佐野市、代表取締役:海老原善隆、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、昭和25年の設立以来、独自技術・独自製品の研究開発を進め、現在では、油脂事業、製菓・製パン事業及び大豆たん白事業の3分野で展開する食品素材メーカーです。当社は、「二つとない、をつくる。」というコーポレートメッセージの下、先進的な技術開発力を背景とした環境配慮製品の展開と、自らの環境負荷低減を推進するマネジメントの両面から、本業と一体となった環境経営を実践しています。

 今回の評価では、(1)高度な技術開発を背景に、製造過程において発生する副産物を活用した製品開発を展開している点、(2)ゼロエミッション達成に向け、汚泥乾燥設備やバイプロ油ボイラー等を導入することにより、廃棄物発生量を削減し、高い食品リサイクル率を維持している点、(3)物流面では、毎年3,000t増加というモーダルシフトの目標を掲げ、鉄道輸送量を倍増している点、等を高く評価しました。その結果、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得しました。
 
 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客さまの信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客さまの取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
関西支店 業務第二課 06-4706-6390

ページ先頭

ページトップへ