ホーム > DBJ News > 2011年12月 > [[News]]中道リース(株)に対し、 「DBJ環境格付...

DBJ News

2011年12月28日

[[News]]中道リース(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-道内リース業初の環境格付取得-

 株式会社日本政策投資銀行(社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、中道リース株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:関寛、以下「当社」という。)に対し、道内リース業としては初めてとなる「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、道内外においてリース、割賦、スペースシステム(不動産賃貸)等の事業を展開する総合リース事業者であり、「わが社は事業を通じ、社会の発展に貢献する。」という経営理念のもと、リース事業を幹とした金融サービスを通じ、適切な品質提供と環境保全に取り組んでいます。

 今回の評価では、(1)足寄・下川・滝上・美幌4町と「森林づくりパートナーズ基本協定書」を締結し、森林の適切管理によりCO2吸収量の増大を目指す取り組みに参画している点、(2)道内総合リース事業者として最初にISO14001認証を取得し、オフィスにおける紙・電力使用量、社有車の燃料消費量等の削減努力を行っている点、等を高く評価しました。
 
 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客さまの信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客さまの取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 北海道支店 業務第二課 電話番号011-241-4524

ページ先頭

ページトップへ