ホーム > DBJ News > 2012年03月 > [[News]]東京ガス(株)に対し「DBJ環境格付」に基づ...

DBJ News

2012年03月30日

[[News]]東京ガス(株)に対し「DBJ環境格付」に基づく
シンジケート・ローンを組成
-最高ランクの格付を取得、特別表彰を受賞-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、東京ガス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡本毅)に対し、「DBJ環境格付」にて最高ランクを付与するとともに、同制度に基づく総額150億円のシンジケート・ローンを組成しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。

 東京ガス株式会社は、首都圏を主な供給エリアとするわが国最大の都市ガス事業者です。東日本大震災後のわが国社会において天然ガスの位置づけがますます注目される中で、エネルギーフロンティア企業グループとして「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」への貢献を企業理念のひとつに掲げ、極めて高いレベルで環境経営を展開しています。

 今回の環境格付では、以下の点を特に高く評価しました。

(1)生物多様性保全の推進ガイドラインに沿って、LNGバリューチェーンの各段階において様々な取り組みを積極的に行っている点。
(2)コージェネレーションシステム、エネファームなど分散型エネルギーシステムや高効率ガス機器の技術開発、普及拡大に努めることにより、天然ガスへの転換および高度利用を進め、家庭・民生・産業各部門におけるCO2排出量削減に貢献している点。
(3)掘削土対策において、新工法や仮埋め戻し材の開発など3R(Reduce, Reuse, Recycle)の取り組みにより、業界最高水準の再生利用率を維持している点。

 以上の結果、東京ガス株式会社は「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得するとともに、格付評点が傑出して高いモデル企業のみが該当する特別表彰を受賞することとなりました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


<シンジケートローンの概要>
 東京ガス株式会社初のシンジケート型タームローン
 環境格付最高ランク+特別表彰

  組成金額:150億円
  期間:10年一括
  主な資金使途:環境関連事業資金
  アレンジャー:DBJ
  エージェント:DBJ及び足利銀行
  貸出人:計13行
  契約締結日:平成24年3月21日
  融資実施日:平成24年3月23日


 【お問い合わせ先】
 企業金融第5部 電話番号03-3244-1620
 シンジケーショングループ 電話番号03-3244-0016

ページ先頭

ページトップへ