ホーム > DBJ News > 2012年05月 > [[News]]王子製紙(株)に対し、「DBJ環境格付」に基...

DBJ News

2012年05月31日

[[News]]王子製紙(株)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-最高ランクの格付を取得・先進的モデル企業として特別表彰-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、王子製紙株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:進藤清貴)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 王子製紙株式会社は、わが国製紙業界におけるリーディングカンパニーです。「王子製紙グループは、広く地球的視野に立って環境と調和した企業活動を展開し、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献する」という環境憲章に基づき、「総合林産業」として、幅広いステークホルダーを見据え、調達段階から廃棄段階に至るまであらゆる環境側面に真摯に取り組み、製紙業界の指針となるような高度な環境経営を推進しています。

 今回の評価では、(1)環境モニター会や社有林を活用した環境教育プログラム「王子の森・自然学校」等を通じ、地域住民等ステークホルダーとの協働を重視した取り組みを行っている点、(2)環境配慮デザインを積極的に販売先に提案し、「お客様が求める価値」を実現した環境配慮型製品を多数製造・販売
している点、(3)オフセット・クレジット(J-VER)制度(※)を活用した民間企業として最大量のCO2排出枠取得や未利用残材活用のためのバイオエタノール量産技術の開発等、資源・環境ビジネスに積極的に取り組んでいる点、等を高く評価しました。
 その結果、王子製紙株式会社は、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得するとともに、格付評点が傑出して高いモデル企業のみが該当する特別表彰を受賞することとなりました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(※)「J-VER」とは、森林の適切な管理や間伐促進等、国内の温暖化対策プロジェクトによって削減・吸収された温室効果ガス排出量をクレジットとして認証する制度のこと。


 【お問い合わせ先】
 企業金融第5部 電話番号03-3244-1620

ページ先頭

ページトップへ