ホーム > DBJ News > 2012年07月 > [[News]]ミネベア(株)に対し、 「DBJ環境格付」...

DBJ News

2012年07月25日

[[News]]ミネベア(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、ミネベア株式会社(本社:長野県北佐久郡、代表取締役社長執行役員:貝沼由久、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、戦後間もない昭和26年に日本初の極小ボールベアリング専門メーカーとしてスタートし、以降60年余りにわたって機械加工品、回転機器、電子機器、様々な精密部品を開発、供給してきました。当社の極小ボールベアリングは世界トップシェアを有するなど、その高度な精密加工技術に裏打ちされた製品は信頼性が高く、エネルギー消費を低減する製品として世界各地の取引先から定評を得ています。

 今回の評価では、(1)超精密機械加工技術を基礎とした持続可能な地球環境の維持に貢献する環境配慮製品を数多く提供しており、その上でグリーンプロダクツ基準の設定を企図するなど、さらなる環境配慮製品の開発を追求している点、(2)従来比4割もの省エネ化を達成したタイ・バンパイン工場内のボールベアリング新工場や、タイ2工場、並びに中国・上海2工場での工場排水100%リサイクルの実現など、積極的な環境技術の導入を通じ製造段階における環境負荷抑制を実現している点、(3) グローバルに展開する従業員のダイバーシティやワークライフバランスへの配慮に加え、世界中の工場周辺における多様な社会貢献活動の積極的な実施など、数十年に及ぶ海外展開の経験を踏まえた幅広い視点からCSR経営を体現している点、等を高く評価しました。
 その結果、当社は「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 企業金融第1部 電話番号03-3244-1680

ページ先頭

ページトップへ