ホーム > DBJ News > 2012年07月 > [[News]](株)バローに対し、「DBJ環境格付」に基づ...

DBJ News

2012年07月30日

[[News]](株)バローに対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-環境配慮型物流センター整備を金融面から支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社バロー(本社:岐阜県恵那市、代表取締役:田代正美、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、中部圏を地盤に展開している食品スーパーで、徹底したコスト管理や低炭素型店舗の整備の推進を通して、本業と不可分一体の環境経営を実施しています。当社の環境経営は、「循環型社会の実現」に代表される環境保全の方針を掲げ、本業における環境への取り組みを広く実践し、各種環境パフォーマンスの改善を進めている点に特徴があります。

 今回の評価では、(1)全店舗に電気使用状況の観測システムを導入し、集計したデータに基づき、月単位での改善指導の実施や効率的な省エネ機器投資を実践する等、電気使用量の抑制に向けたPDCAサイクルを構築している点、(2)食品リサイクルループの構築やレジ袋の有料化を9割以上の店舗で展開する等のサプライチェーンを見据えた廃棄物抑制に努めている点、等を高く評価しました。

 本件は、上記の環境経営評価に基づき、岐阜県可児市に地域植生を保護し、建設が進められている環境配慮型物流センターを対象とした融資であり、当社の環境に配慮した設備投資を金融面で支援するものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 東海支店 業務課 電話番号052-231-7562

ページ先頭

ページトップへ