ホーム > DBJ News > 2012年09月 > [[News]](株)ディスコに対し、 「DBJ環境格付」...

DBJ News

2012年09月13日

[[News]](株)ディスコに対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社ディスコ(本社:東京都大田区、代表取締役社長:関家一馬、以下「ディスコ」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ 環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 ディスコは、「高度な切る・削る・磨く技術」に特化し、半導体や電子部品製造時に使用する切断・研削・研磨装置と精密加工ツールでトップシェアを持つメーカーです。企業理念である『DISCO VALUES』を軸とした組織経営を実践し、CSRの実現に先進的かつ積極的に取り組んでおります。

 今回の評価では、(1)独自の設計・開発指標である「グリーンプロダクトガイドライン」に基づき、グリーン調達やLCA(※1)評価を用いながら環境配慮製品の開発に努めるとともに、使用済み装置の回収・再資源化サービスや小型純水リサイクル装置(製品名「DWR1721」)に代表されるような3R活動を積極的に実施すること等により、製品の調達から廃棄までライフサイクルを通じて環境負荷低減を追求している点、(2)ESR(注2)の手法により、事業活動が生物多様性に与える影響について評価を実施している点、(3)従業員のダイバーシティやワークライフバランスの推進など環境に留まらず、幅広い視点からCSR経営を実践している点、等を高く評価しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(注1)LCA:「Life Cycle Assessment」の略。原材料の調達から製造、使用、廃棄に至る製品ライフサイクルの各段階において生じる環境負荷を列挙し、その影響を定量的に測定・評価するための技法のこと。

(注2)ESR:「The Corporate Ecosystem Services Review」の略。企業のための生態系サービス評価のこと。


 【お問い合わせ先】
 企業金融第2部 電話番号03-3244-1660

ページ先頭

ページトップへ