ホーム > DBJ News > 2012年10月 > [[News]](株)リコーに対し、 「DBJ環境格付」に...

DBJ News

2012年10月29日

[[News]](株)リコーに対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-最高ランクの格付を取得・特別表彰を受賞-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社リコー(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:近藤史朗、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するという、「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、世界でトップクラスのシェアを誇る複写機事業を中核とする日本を代表する事務用機器メーカーです。当社創業者・市村清氏の提唱した「三愛精神~人を愛し、国を愛し、勤めを愛す」に基づく経営理念に定められている行動指針の一つである「地球・社会との共存~地球・社会の持続的発展に貢献する」により、昭和51年に環境推進室を設立する等、早くから環境保全と利益創出を同時に実現する環境経営を実践しており、その先進的な取り組み姿勢について国内外より高い評価を受けています。

 今回の評価では、(1)独自に開発したLCA算出ツール(注1)に基づき、製品のライフサイクル全体を通じた目標を設定し、絶えず製品の環境負荷削減を行っている点、(2)事業活動全体を通じて生態系への影響が大きい段階を把握し、影響度を評価した上で生物多様性保全に資する具体的な取り組みに繋げている点、(3)独自に開発したCSR調達にかかる行動規範およびセルフアセスメント制度(注2)に基づき、環境面のみならずCSRに配慮したサプライチェーンの構築に寄与している点、等を高く評価しました。

 また、(1)省エネルギー・温暖化防止、(2)省資源・リサイクル、(3)汚染予防という3分野にわたる非常に高い環境負荷削減目標を課し、対外的にコミットするとともに、3年ごとの環境行動計画に盛り込み、日々の環境活動の高度化に繋げている点は、わが国全体での環境負荷削減を実現するための産業界全体を先導する取り組みとして特筆に値すると評価しております。

 その結果、当社は、「環境への配慮に対する取り組みが先進的」という最高ランクの格付および特別表彰(最高ランク評価の中でも評価点200点(最高点250点)を超える企業を対象)を取得することになりました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(注1)「LCA算出ツール」:ライフサイクル全体を通した製品の環境負荷削減目標を設定し、PDCAのサイクルを回すことによりその目標を達成する「LCA設計」を効率的かつ効果的に行う算出ツールのこと。

(注2)「セルフアセスメント制度」:サプライヤー行動規範の遵守状況をモニタリングする
制度のこと。リコーグループに報告されたアセスメント結果に基づき、各社の改善点を明らかにし、その結果をフィードバックしている。


 【お問い合わせ先】
 企業金融第2部 電話番号03-3244-1660

ページ先頭

ページトップへ