ホーム > DBJ News > 2012年11月 > [[News]]芙蓉総合リース株式会社に対し、 「DBJ環...

DBJ News

2012年11月20日

[[News]]芙蓉総合リース株式会社に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-2年連続で最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、芙蓉総合リース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤隆、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。

 当社グループは、「リース事業を通じて企業活動をサポートし、社会の発展に貢献する」、「3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進により循環型社会構築へ貢献する」という二つの理念を柱として、CSR経営に積極的に取り組んでいます。

 今回の評価では、(1)「省エネ設備リース」や「PC Eco & Valueリース」等により環境に配慮したリースやサービスの提供を推進し、環境会計を通じてユーザー側での環境負荷低減効果を「見える化」している点、 (2)中古市場への販売網の構築、自社リユースセンターの稼働、独自の格付を用いた委託処理業者の評価等によりリース満了品や中古資産の3R体制を整備している点、(3)健康配慮、雇用の多様性、ワークライフバランスといった従業員への配慮をCSR課題の一つに掲げ、関連するパフォーマンス指標を公表しながら取り組みを推進している点、等を高く評価しました。

 その結果、当社は「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客さまの信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客さまの取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 金融法人部 電話番号03-3244-0020

ページ先頭

ページトップへ