ホーム > DBJ News > 2016年07月 > [[News]](株)フジに対し、 「DBJ BCM格付」...

DBJ News

2016年07月26日

[[News]](株)フジに対し、
「DBJ BCM格付」「DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付」
に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社フジ(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:尾﨑英雄、以下「当社」という。)に対し、「DBJ BCM格付」および「DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付」(以下「DBJ健康格付」という。)に基づく融資を実施しました。

 「DBJ BCM格付」融資および「DBJ健康格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により、企業の防災・事業継続への取り組みや従業員の健康配慮への取り組みを評点化、優れた企業を選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、いずれも世界で初めての融資メニューです。

 当社は「豊かなくらしづくり」や「地域社会の発展への貢献」、「人々を大切にする企業」をめざすことを経営理念に掲げ、中国・四国エリアにおいて地域ごとの風土、文化、暮らしを大切にした地域密着型の店舗づくりを行っているスーパーマーケットチェーンです。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

【DBJ BCM格付】
 (1)防災士の資格取得者中心に防災教育を徹底し、従業員一人一人が災害発生時に迅速に初動対応にあたれるよう意識付けを継続的に実施している点
 (2)外部データセンターを活用した情報資産の移管やバックアップ回線の二重化など、有事の際のシステム寸断リスクを回避すべく冗長化対策を推進している点
 (3)商品や備品について、サプライヤーとの間で有事の際の供給体制などリスク情報を共有し、災害発生時を想定した入出荷訓練を定期的に実施している点
【DBJ 健康格付】
 (1)事業所毎に定期的にリスクアセスメントを実施していることに加え、全社統括的な中央安全衛生委員会においてインフルエンザや腰痛防止など自社固有の問題について協議し、全社に情報提供している点
 (2)外部専門窓口や精神科を専門とする産業医の活用並びに新任管理職への研修実施等、従業員のメンタルヘルスケアへの取り組みに着手している点
 (3)女性活躍推進プロジェクトを立ち上げるなど、いきいきと「働きがい」をもって働き続けられる企業・職場づくりに注力している点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、有事における事業継続や健康経営の推進に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 四国支店 業務課 電話番号087-861-6675

ページ先頭

ページトップへ