ホーム > DBJ News > 2016年09月 > [[News]](株)IHIエアロスペースに対し、 「DB...

DBJ News

2016年09月30日

[[News]](株)IHIエアロスペースに対し、
「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」
に基づく融資を実施
-最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社IHIエアロスペース(本社:東京都江東区、代表取締役社長:木内重基、以下「当社」という。)に対し、「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」(以下「DBJ健康格付」という。)に基づく融資を実施しました。

 「DBJ健康格付」融資は、独自の評価システムにより、従業員の健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、国産ロケット「イプシロン」をはじめとする宇宙関連製品等の製造を行う、わが国を代表するロケットシステムの総合メーカーです。労働安全衛生の統合マネジメントシステムを導入し、心身の健康保持増進、職場の安全確保および環境影響の改善に継続的に取り組んでおります。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)全社横断的な組織としてIMS(注)委員会を設け、トップダウンで安全衛生・健康活動に取り組むと同時に、部門毎に推進管理責任者および推進担当基幹職を配置して従業員個々人に健康目標や施策を浸透させている点
(2)産業医や保健師等の専門家と連携し、法令水準よりも厳格な独自基準にて対象となる長時間労働者に対して面談実施率100%達成を継続すると同時に、会社が時間外労働削減のための実効性ある対策を講じている点
(3)健康経営の取り組みについて、社内の達成度評価のみならず、グループのインフラを活用しながら、グループ他社との相互での産業保健監査を実施し、そこで把握した改善点などを次年度の活動に反映させることにより、着実にPDCAサイクルを運用している点

 その結果、当社は、最高ランクとなる「従業員の健康配慮の取り組みが特に優れている」という格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、健康経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(注)IMS…Integrated Management System(統合マネジメントシステム)の略であり、複数のマネジメントシステムを統合することで責任・権限を一元管理し、経営課題を可視化するなどのメリットがある


【お問い合わせ先】
 企業金融第1部 電話番号03-3244-1680

ページ先頭

ページトップへ