ホーム > DBJ News > 2017年01月 > [[News]]セキ(株)に対し、「DBJ環境格付」に基づく...

DBJ News

2017年01月27日

[[News]]セキ(株)に対し、「DBJ環境格付」に基づく
シンジケート・ローンを実施

 株式会社日本政策投資銀行(社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社伊予銀行(取締役頭取:大塚岩男)と協働し、セキ株式会社(本社:愛媛県松山市、代表取締役:関啓三、以下「当社」という)に対し、総額10億円の「DBJ環境格付」に基づくシンジケート・ローンを実施しました。

 「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。

 当社は、明治41年創業の四国トップクラスの印刷会社であり、四国域内外の幅広い顧客に対し、カタログや書籍・雑誌等の印刷・出版ならびにカレンダー製造等を行っています。当社は、フレキソ印刷機およびクリーンルーム設備を備えた新工場の建設を予定しており、従来の紙媒体印刷から食品パッケージ印刷等への事業領域の拡大を行っています。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)オペレーション改善によるロス削減の数値目標として、「品質事故件数」と「臨時出庫の削減」を設定し、毎月のモニタリングや従業員からの改善提案を通じて目標達成に努め、生産効率向上による環境負荷の低減を目指している点
(2)FSC等の持続可能な調達に配慮した認証紙の使用商品を環境配慮製品と位置づけ、認証制度や商品の環境性能に関する勉強会を開催する等の定期的な営業担当者への教育および積極的な営業提案により、環境配慮製品の販売拡大を図っている点
(3)従来の印刷方法と比較してVOC(揮発性有機化合物)使用量の少ない水性フレキソ印刷の導入を決定し、環境に配慮した事業展開を計画している点

 また、本件は公益財団法人日本環境協会による「環境配慮型融資促進利子補給事業」を活用したシンジケート・ローンであり、当社が一定期間内におけるCO2原単位の削減を誓約することにより、利子補給が適用されます。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客さまの信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客さまの取り組みを積極的に支援して参ります。


【お問い合わせ先】
   四国支店 業務課 電話番号 087-861-6651

ページ先頭

ページトップへ