ホーム > DBJ News > 2017年03月 > [[News]]じもと創生本業支援ファンドによる (株)上...

DBJ News

2017年03月17日

[[News]]じもと創生本業支援ファンドによる
(株)上林鉄工所の優先株式引受について

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)、株式会社きらやか銀行(代表取締役頭取:粟野学、以下「きらやか銀行」という。)および株式会社仙台銀行(代表取締役頭取:鈴木隆、以下「仙台銀行」という。)が共同出資する「じもと創生本業支援ファンド投資事業有限責任組合」(以下「当ファンド」という。)は、株式会社上林鉄工所(本社:山形県酒田市、代表取締役:上林直樹、以下「当社」という。)が発行する優先株式の引受を実施しました。

 当ファンドは、山形・宮城両県を中心に、中堅・中小企業のさらなる成長や事業承継などの取り組みに対して、優先株式や劣後ローンなど多様な金融サービスの提供により地域創生に貢献することを目的に平成27年10月に設立されました。

 当社は、粉体サイロおよび関連機器を設計から製造・据付・メンテナンスまで一貫して手がける事業者で、加工技術の高さや迅速な対応が主要顧客である大手セメントメーカーや石膏ボードメーカーから高い評価を受けております。
 また近年は、大型公共木造建築物の耐火・耐震性を確保した特殊接合金属の製造も手がけており、最大の木造コンサートホールとして世界ギネス記録に認定された南陽市文化会館(山形県)にも採用実績を有しております。

 本件は、当ファンドによる資本性資金を活用し、今後の更なる成長に向けた財務基盤の強化を図るものであり、これにより顧客基盤の拡大や資金調達の円滑化が期待され、地域経済の活性化に資する点、当ファンドの取り組み趣旨に合致するものとして実施しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後とも地域経済の活性化、競争力強化に向けたお客様の取り組みを積極的にサポートしてまいります。

【お問い合わせ先】
   東北支店 業務第一課ファンド業務グループ 電話番号 022-227-8183

【ファンドの概要】
 
  (1) 名 称 :じもと創生本業支援ファンド投資事業有限責任組合
 (2) 規 模 :10億円
 (3) 設 立 :平成27年10月16日
 (4) 出資者 :無限責任組合員(GP): HSK&Dパートナーズ
有限責任組合員(LP): DBJ、きらやか銀行、仙台銀行
 (5) 期 間 :投資期間3年、存続期間8年(但し、必要があれば延長を行うこともあります。) 


【ファンドのスキーム図】

0000026464_img1.jpg

ページ先頭

ページトップへ