ホーム > DBJ News > 2017年05月 > [[News]]三菱オートリース(株)に対し、 「DBJ ...

DBJ News

2017年05月09日

[[News]]三菱オートリース(株)に対し、
「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、三菱オートリース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:谷村信哉、以下「当社」という。)に対し、「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ BCM格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより、防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、三菱グループを代表するオートリース会社として、車両リースのみならず、車両管理にかかるさまざまなソリューションを提供しています。危険運転映像記録型テレマティクスサービス提供による安全運転やエコドライブの支援、さらにはお客様の車両運行管理支援などを実施するとともに、電気自動車やハイブリッド車を中心とするエコカーの普及にも力を入れており、低炭素社会の実現にも取り組んでいます。また、危機発生時においても業務を継続すべく、防災および事業継続の取り組みを進めています。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)積極的に救急救命講習を開催している他、主要拠点や事業継続上のコアメンバーに対し代替通信手段を配備し通信訓練を実施する等、有事に動員可能な人材確保と迅速な意思決定を可能とする体制を整備している点
(2)複数の観点から事業中断リスクを評価し重要業務を特定したうえで、業務毎に時系列に沿って有事の行動手順を明文化すると共に、訓練を通じて必要な手続きを確認している点
(3)同時被災リスクのない場所における本社機能の代替確保やシステムのバックアップ、有事を想定した財務手当等を実施している他、足下ではコンサルティング会社を活用し事業継続計画の見直しに着手している点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、有事における事業継続の推進に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   企業金融第3部 電話番号 03-3244-1990

ページ先頭

ページトップへ