ホーム > DBJ News > 2017年08月 > [[News]]TDK(株)に対し、「DBJ環境格付」に基づ...

DBJ News

2017年08月31日

[[News]]TDK(株)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-3回連続で特別表彰を受賞-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、TDK株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石黒成直、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。

 当社は、インダクティブデバイスやHDD用磁気ヘッド、リチウムイオンポリマー電池等で世界的シェアを有する電子材料・電子部品の大手メーカーです。企業理念である社是「創造によって文化、産業に貢献する」を実践すべくCSR活動を推進するとともに、「ライフサイクル的視点でのCO2排出原単位を2035年までに半減」という環境ビジョンのもと、高度な環境経営をグローバルに展開しています。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)秋田のマザー工場におけるモデルラインを起点に、新製品開発のスピードアップやゼロディフェクトを追求(注)するとともに、その成果として培われた高い技術力に裏打ちされた「製品によるCO2排出削減貢献量の拡大」に取り組み、電子部品の環境貢献量算定手法に係る業界共通の基準策定を通じて自社製品の環境貢献価値について社会に訴求している点
(2)自社生産拠点でのCSRセルフチェックや第三者機関によるCSR自主監査の実施のみならず、「サプライヤー・パートナーシップ・システム」を活用した取引先のCSRへの取り組みの把握および改善指導等により、川中企業としてグローバルに高度なサプライチェーン管理を実施している点
(3)重要課題にグローバル人材の育成、多様性の尊重を掲げ、グループ一体で行えるよう、必要な情報基盤の整備を進めている点

 その結果、当社は「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得するとともに、格付評点が傑出して高いモデル企業のみが該当する特別表彰を受賞することになりました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(注) 出荷段階から、流通段階、納入先の組立段階、最終ユーザーの使用段階、そして廃棄にいたるまで、製品のライフサイクルを通じて欠陥ゼロを追求すること


【お問い合わせ先】
   企業金融第2部 電話番号 03-3244-1660

ページ先頭

ページトップへ