ホーム > DBJ News > 2017年09月 > [[News]](一財)日本航空機エンジン協会に対し、 次...

DBJ News

2017年09月25日

[[News]](一財)日本航空機エンジン協会に対し、
次世代民間航空機用エンジンの国際共同開発事業に係る
シンジケート・ローンを組成
-地域金融機関とともに、航空機エンジン業界の
新たな価値の創出・国際競争力強化を支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、一般財団法人日本航空機エンジン協会(所在地:東京都中央区、代表理事:石戸利典、以下「当協会」という。)に対し、次世代民間航空機用エンジンの国際共同開発事業(注1)に係るシンジケート・ローンを組成しました。

 当協会は、民間航空機用エンジンの国際共同開発の取りまとめ、調整推進をするための日本側代表として、国内重工メーカーの協力を得て昭和56年に設立され、以降、多数の国際共同開発を推進してきました。

 民間航空機エンジン市場は、新興国を中心とした旺盛な需要等を背景に新規開発が相次いでおり、今後確実な伸長が見込まれています。

 そうした中で本件は、当協会が実施している次世代民間航空機用エンジンの国際共同開発事業における日本側開発資金を対象に、航空機産業に地縁のある地方銀行を参加金融機関としたシンジケート・ローンを組成したものです。当該エンジンの日本側担当部品は、開発に参加する重工メーカーやその取引企業の国内工場において製造されるものになります。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、参加金融機関とともに、地域の裾野産業を含めたわが国航空機エンジン業界全体の新たな価値の創出・国際競争力強化に貢献してまいります。

(注1)民間航空機用エンジン開発の方式としては、技術の共同分担、膨大な開発費用の負担軽減等の観点から、複数の国のメーカーが参画する国際共同開発が主流となっています。


<シンジケート・ローンの概要>

アレンジャー兼ファシリティ・エージェント
DBJ
ペイイング・エージェント十六銀行
貸出人DBJ、愛知銀行、大垣共立銀行、十六銀行


【お問い合わせ先】
   航空宇宙室              電話番号 03-3244-1660
   シンジケーション・クレジット業務部  電話番号 03-3244-0006

ページ先頭

ページトップへ