ホーム > DBJ News > 2017年12月 > [[News]](株)TOKAIホールディングスに対し、 ...

DBJ News

2017年12月01日

[[News]](株)TOKAIホールディングスに対し、
「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」に基づく
融資を実施
―静岡県初の最高ランクの格付取得―

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社TOKAIホールディングス(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:鴇田勝彦)に対し、「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」(以下「DBJ健康格付」という。)に基づく融資を実施しました。

 「DBJ健康格付」融資は、独自の評価システムにより、従業員への健康配慮の取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 TOKAIグループは、TLC(トータルライフコンシェルジュ)のビジョンのもと、エネルギー、情報通信、CATV、アクア(宅配水)等、人々の生活に密着した様々な生活インフラサービスを幅広く提供し、お客様の生活を総合的に支える企業グループです。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

 (1)グループ傘下の統括組織として「グループ安全衛生責任者会議」、「グループ健康増進委員会」を新たに立ち上げ、また下部組織として取り組みの浸透を図る各拠点の「ヘルスケア・リーダー」による推進組織も拡充するなど、全社横断的な体制を構築し、グループ一体となった健康経営を推進している点
 (2)産業医、外部専門家および健保と連携しながら、健診データ等複数のデータの多角的な分析に基づき自社従業員の健康課題の特定に努めるとともに、リスクの程度に応じた階層化を実施し、階層別に効果的な対策に着手し、予防的観点からも「健康リテラシーの高い従業員の増加」に取り組んでいる点
 (3)ワークライフバランスの改善に向けて、労働時間の削減に向けた「過重労働対策委員会」や多様な働き方を議論する「ワークスタイル検討会」を新たに立ち上げ、フレックスタイム制度の導入や年間有給取得率等の向上を図るなど、働きやすい環境整備に取り組んでいる点

 その結果、TOKAIグループは「従業員の健康配慮への取り組みが特に優れている」という、静岡県の企業では初の最高ランクの格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、健康経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   企業金融第2部 電話番号 03-3244-1660

ページ先頭

ページトップへ