MENU

VOICE
業務職インタビュー

大沼 あゆみ
シンジケーション・クレジット業務部
2012年入行
文学部卒
MORE
MORE

元々インフラ業界に興味を持っており、インフラ業界と関係が深いDBJであれば、特定の企業や業種ではなく、様々な企業や業種に関わることができると感じ、DBJを選んだ。様々なバックグラウンドの行員がいて、非常に多様性があることがDBJの魅力だと感じている。

事務能力もお客様との
調整能力も求められる仕事に、
やりがいを感じる。

私はシンジケーション・クレジット業務部という部署で、シンジケート・ローンのエージェント業務を主に担当しています。エージェント業務とは、複数の金融機関(シンジケート団)の代理人として、返済資金の決済事務や契約の管理事務を行う仕事です。シンジケート・ローンは、関係者が多いことに加えて、通常の融資に比べ契約内容が複雑です。一つのミスで多くの関係者からの信頼を失うことにつながってしまうため、契約内容をしっかり理解した上で、効率的にそして正確に事務を行うことが求められます。そこで私は、昨年度から所属するチームの先輩とともに自らの経験も踏まえ、組織としての事務精度をより高めるために、管理体制の整備に取り組んでいます。
契約管理事務の中には、例えば、契約時に約束していた事業計画を変更することなども含まれます。それが発生した際には担当の総合職と協力し、お客様からの計画変更の承諾依頼に対して、金融機関の承諾を得るために、お客様や金融機関と調整を図るといった業務もあります。事務能力だけでなく、関係者との調整能力が求められることもあり、日々勉強することは多いですが、とてもやりがいを感じています。

お客様に
頼られる存在になりたい。

一つの案件が終了(クローズ)した後で総合職の方とお客様のところに伺った際に、「これは本当にいい案件でしたね」と感謝されたことがありました。お客様が満足してくださったのを直に感じ、いい取引(ディール)ができたことを実感。私も少しは役に立てたのかなと思うと、とても感激しました。
お客様の担当者が変わる時、私にもご挨拶のお電話をいただくことがありますが、そんなささやかなことでもDBJの担当として私を認識してもらえていたのだと、嬉しくなります。だからこそもっと知識を深め、この案件のことならまずはあの人に聞いてみよう、この問題だったらあの人に相談してみようと、お客様から頼られる存在になりたいですね。そのためには、多くの経験を積んでいくことが大切と心掛けています。それは自分の実体験という意味だけではなく、まわりの方の体験についても情報を共有しながら、自分の中にどんどん知識も蓄積していくこと。そういった積み重ねが“いいディール”につながり、仕事の喜びも大きくなると考えています。 ※シンジケート・ローン:幹事に指名された金融機関が複数の金融機関を取り纏めてシンジケート団を組成し、お客様に対し、一つの契約書をもとに、複数の金融機関が同一の条件で融資を行う手法。