MENU

VISION
人財開発ビジョン

DBJは、時代の要請に応えてその役割を大きく進化・発展させてきました。こうした革新性は、日進月歩の金融分野において、常に時代をリードすることを求められるDBJにとって極めて重要です。
このためDBJにおいては、最も重要な資源である「人財」の開発に関し、「ゼネラリストを超えたスペシャリスト」というビジョンを掲げ、金融のプロフェッショナルとしての自律的かつ先駆的な行動を促す人財育成を行っています。スペシャリティを身につけることはもちろん重要ですが、刻々と変化する時代のニーズに対応するためには、幅広い経験と奥深い知見、そして全体を俯瞰する力も必要です。こうした考えのもと、ジョブローテーション、人事評価および教育・研修などの人財育成制度を構築しています。

充実した人財育成制度

金融のプロフェッショナルとして活躍する行員を支えるのは、充実した教育・研修制度です。DBJでは階層などに応じた必須研修と、行員のスキルや志向に応じて選択できる自己啓発研修や金融イノベーションに対応した各種選択研修を組み合わせることで、行員一人ひとりが計画的に自らのキャリアを描くことが可能となっています。

評価制度

個々の行員が目標設定、業務遂行、検証という自律的なマネジメントサイクルを確実に回し成長していくことができるよう、「目標マネジメントシステム」を導入しています。このシステムは、年度当初に各自が業務目標を設定して所属部店の上司と面談し、さらに年度末にもフォローアップの面談を行うことで、自らの業務遂行上の長所や課題などについて認識を共有し、必ずしも年次や経験にとらわれることなく、一段高いレベルの仕事をこなしていくことを目指しています。