ホーム > DBJの金融サービス > 融資 > 評価認証型融資 > DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付

DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付

健康経営とは

従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す経営手法です。

平成20年4月の特定健診制度の導入や事業者によるメンタルチェックの義務化が国会で審議されるなど、昨今、企業の自社従業員への健康配慮の必要性が高まっています。また、将来的な労働人口の減少を受け、人的生産性の向上も重要な課題となっています。「DBJ健康経営格付」融資は、こうした社会情勢を踏まえ、健康経営の概念を普及・促進させるべく、経済産業省の調査事業に応募し、その一環として専門機関であるヘルスケア・コミッティー株式会社と連携し開発された独自の評価システムをもとに、従業員の健康配慮への取り組みに優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

健康経営格付ロゴマーク

お申し込みからの流れ

  • 通常の企業審査と並行して、健康経営スクリーニング(健康経営格付)を実施します。
  • 融資後のモニタリングも実施させていただきます。
  • 健康経営格付評価の実施に際しては、当行が秘密保持契約を締結している専門機関(ヘルスケア・コミッティー 株式会社)に対して、ヒアリングへの同席、健康経営格付評価に際してお客さまから受領した資料等を開示することを同意していただく必要があります。
  • 融資のお取り組みに際しましては、原則、評価手数料として525,000円(税込)をいただきます。

関連ニュース

ページ先頭

ページトップへ