ホーム > 投融資事例 > 運輸・交通分野 > 関東鉄道(株)のケース

関東鉄道(株)のケース

関東鉄道は、茨城県の中央部から南西部を事業エリアに、常総線(取手―下館)および竜ヶ崎線(佐貫―竜ヶ崎)の2路線を有する鉄道事業のほか、バス・不動産業を展開する民間鉄道事業者です。関東鉄道は、平成27年9月に発生した台風第18号等により鬼怒川の堤防が決壊した影響で土木機械設備と電気系統に甚大な被害を受けましたが、「安全運送と質の高いサービスの提供で地域に貢献」という理念のもと、いち早い復旧を実現しました。

DBJ は、危機対応業務※の一環として、台風第18号等により被害を受けた企業の復旧への取り組みを積極的に支援しており、関東鉄道に対して電気系統の復旧工事などにかかる資金を供給しました。

※危機対応業務
http://www.dbj.jp/service/finance/crisis/index.html

ページ先頭

ページトップへ