ホーム > 会社情報 > 企業情報 > 本店・支店情報 > 2019年度 第2回「あいちPPP/PFIプラットフォーム」...

本店・支店情報

2019年12月09日 イベント

2019年度 第2回「あいちPPP/PFIプラットフォーム」の開催について

 株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、このたび株式会社名古屋銀行、株式会社愛知銀行、株式会社中京銀行、および財務省東海財務局とともに、PPP/PFI(注)の推進に向けた「2019年度 第2回 あいちPPP/PFIプラットフォーム」を開催します。

 国・地方ともに厳しい財政状況の中で、昨今ますます深刻化する公共施設の老朽化問題等へ対応していくためには、PPP/PFI等による民間ノウハウ・資金の活用を通じて、インフラの運営・更新等の効率化、サービスの質的向上、財政負担の軽減を図ることが重要です。本年6月に改訂された「PPP/PFI推進アクションプラン」においては、キャッシュフローを生み出しにくいインフラ分野をはじめとしたPPP/PFIの導入拡大、地域プラットフォームの機能強化による地域事業者の事業力向上およびその能力を活用したPPP/PFI案件の形成促進等が掲げられております。
DBJでも、2013年6月に開設した「PPP/PFI推進センター」を中心に、PPP/PFIの活用拡大へ向けた各種取り組みを一層強化しています。

 「あいちPPP/PFIプラットフォーム」は、愛知県内の地方公共団体および民間事業者等のPPP/PFIのノウハウ習得や案件形成能力の向上、官官・官民などの対話の場として機能することを目指し、㈱名古屋銀行、㈱愛知銀行、および㈱中京銀行が2019年5月20日に設立しました。第2回目となる今回は、サウンディング型市場調査手法についての講演のほか、岡崎市、瀬戸市からの具体的案件の紹介とそれを受けてのプレサウンディングを行う予定です。

【開催要領】

1. 開催日時 2020年1月20日(月) 13:20~16:40(受付開始13:00)
2. 開催場所 ウインクあいち9階「901号室」
(住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38)
3. 内容 第1部 13:20~14:55
(1)セミナー「官民対話の実践にむけて」
   有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部
   パブリックセクター シニアマネージャー 米森 健太 氏
(2)案件説明
   「南公園の再整備について」
   岡崎市
   「祖母懐小学校跡地の活用について」
   瀬戸市
(3)質疑応答
第2部 14:55~16:40
(1) プレサウンディング
   「南公園の再整備について」を事例とするワークショップ
   「祖母懐小学校跡地の活用について」を事例とするワークショップ
(2) 発表
(3) 講評
4. 対   象 愛知県内の地方公共団体
民間企業(金融機関以外:指定なし、金融機関:愛知県内に本店がある場合に限る)
5. 参 加 費 無料
6. 定  員 ①岡崎市案件:40名 ②瀬戸市案件:40名 計80名(先着順)
7. 募集方法 当行HPから申込書を取得しE-MailもしくはFAXで応募
申込先:中日本建設コンサルタント㈱(運営委託業者)
8. 主  催 ㈱名古屋銀行、㈱愛知銀行、㈱中京銀行、財務省東海財務局、㈱日本政策投資銀行東海支店

(※1)PPP(Public Private Partnership:パブリック プライベート パートナーシップ)とは、国や地方公共団体などが提供する公共サービスについて、官民が連携して実施する事業手法。PPPの中にはPFI、指定管理者制度、公設民営(DBO)等が含まれる。
(※2)PFI(Private Finance Initiative:プライベート ファイナンス イニシアティブ)とは、公共施設等の設計、建設、維持管理及び運営に、民間の資金とノウハウを活用することで、効率的かつ効果的な公共サービスを提供する公共事業の手法。


【お問い合わせ先】
東海支店   企画調査課   電話番号052-589-6893
地域企画部 PPP/PFI推進センター  電話番号 03-3244-1513

ページ先頭

ページトップへ