ホーム > DBJ News > 2009年02月 > (株)ウェルシィに防災格付融資を実行~防災対応を最上位ランク...

DBJ News

2009年02月27日

(株)ウェルシィに防災格付融資を実行~防災対応を最上位ランクと評価~

 株式会社日本政策投資銀行(社長:室伏稔、以下「DBJ」という。)は、(株)ウェルシィ(社長:福田章一、以下「当社」という。)に対し、最優遇金利による防災格付融資を実行しました。

 DBJ防災格付融資は、中央防災会議「防災に対する企業の取組み」の自己評価項目表をベースに独自の評価システムを構築し、防災に対する取り組みの優れた企業を評価・選定した上、当該企業の防災対策事業に優遇金利で融資を行うという「防災格付」の手法を導入した世界初の融資メニューです。

 当社は、地下水飲料化プラント(「地下水膜ろ過システム」)の開発販売を行っており、病院、スーパー、百貨店、ホテル、駅、食品工場、学校等の幅広い施設に納入しています。当社は、従来から災害時の安全な水の安定供給を最優先に防災体制を整備してきましたが、今回の評価において、防災対応について評価ランク中最上位となる「防災への取り組みが特に優れた企業」として、最優遇金利を適用いたしました。
 特に、(1)想定ケース別にとりまとめられた事業継続計画(BCP)により、自社はもとより、水の安全確保による顧客の事業継続についても計画していること、(2)自治体や病院等との協定に基づき災害時の地下水供給を行い、重要施設における水インフラの二重化に貢献していること、(3)PHS・低軌道衛星等の利用による地下水飲料化プラント向け監視システムの導入を行い、水質管理方法の二重化にも取り組んでいること、(4)国内にとどまらず、海外でも四川大地震時には地下水飲料化プラントを贈与し、現地の復旧に重要な役割を果たしたこと等防災対応に積極的に取り組んでいる点を高く評価しました。

 今般の融資は、災害時の水供給手段二重化に資する地下水飲料化プラントに係わる資金を対象としており、災害時において欠かすことのできない水の安定供給等の防災体制が一層促進されることが期待されます。なおDBJは、ビジネスマッチングを通じて、地下水飲料化プラントの普及にも協力しています。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客さまの信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後とも幅広い業種・地域の企業へのDBJ防災格付融資の活用を通じ、防災に向けたお客さまの取り組みを積極的に支援して参ります。

【お問い合わせ先】
企業金融第6部 電話番号03-3244-1730

ページ先頭

ページトップへ