ホーム > DBJ News > 2012年02月 > [[News]](株)サンケイビルの「難波サンケイビル」に対...

DBJ News

2012年02月16日

[[News]](株)サンケイビルの「難波サンケイビル」に対し、
DBJ Green Building認証を実施
-地域密着型のビルを運営・ゴールド認証を付与-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社サンケイビル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:日竎秀行、以下「当社」という。)が保有する「難波サンケイビル」に対して、DBJ Green Building認証を実施しました。

 DBJ Green Building認証制度は、ビルの環境性能に加えて、防災や防犯、及び不動産を取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請に配慮した不動産(“Green Building”)の普及促進を目的に、DBJが独自に開発したスコアリングモデルにより評点化を行い、その上で時代の要請に応える優れた不動産を選定・認証するものです。DBJは、ビルオーナーであるお客様の日々の様々なオペレーションについて、金融機関としてIR・CSR面で支援しながら、より積極的に財務面でも支援します。

 今回の評価では、(1)設備やスペックを充実させることにより、高いアメニティをテナントに対して提供している点、(2)ビルの周辺住民と一体での消防訓練の開催や、「湊町ろうそく灯火の夕べ」などのイベント開催を主導することにより、ビルと地域との協働を積極的に行いながらエリアの魅力や一体感を高めている点などを高く評価しました。その結果、「極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル」として「ゴールド」の認証を付与しました。

 なお、「難波サンケイビル」の他にも、当社の保有する「ブリーゼタワー」と「東京サンケイビル」についても、それぞれ「プラチナ」と「ゴールド」の認証を付与しており(平成23年6月)、当社保有の認証物件は、今回の評価で3棟目になります。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境や社会に配慮した不動産事業を行うお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(参考)
難波サンケイビル(大阪市浪速区湊町二丁目1番57号)
難波サンケイビル
敷地面積約2,277m²
延床面積約21,112m²
竣 工2005年7月
階 数地上14階、地下1階


極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル
極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル



 DBJ Green Building認証制度につきましてはこちらをご覧ください。

【お問い合わせ先】
都市開発部 電話番号03-3244-1710

ページ先頭

ページトップへ