ホーム > DBJ News > 2012年04月 > [[News]]寺田倉庫(株)に対し、 新「DBJ防災格付...

DBJ News

2012年04月11日

[[News]]寺田倉庫(株)に対し、
新「DBJ防災格付」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、寺田倉庫株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:中野善壽、以下「当社」という。)に対し、新「DBJ防災格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ防災格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより防災への取り組みの優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「防災格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資制度です。
 従来の「DBJ防災格付」は、主に発災前段階における予防策に重きを置いていましたが、新「DBJ防災格付」は、発災後の企業の迅速な復旧活動を含む事業継続の取り組みに重きを置いた設問体系へと大幅にリニューアルしており、予防だけに留まらず、危機事案発生後の戦略・体制等を含めた企業の事業継続活動を総合的に評価する内容となっています。

 当社は、トランクルームによる荷物保管事業や文書・映像の保管・活用・廃棄を一括受託するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)事業、賃貸倉庫をはじめとする不動産事業等、幅広く事業を展開する物流業者です。

 今回の評価では、(1)什器類固定化や免震技術導入等、災害による自社資産や保管物品への被害の最小化に資する取り組みを推進している点、(2)経営陣を筆頭に防災および事業継続に関するマネジメント体制を構築・運用している点、(3)従業員に加え周辺近隣からの避難者も考慮した備蓄食料の確保や災害発生時における事業所周辺の宿泊施設の優先確保等の取り組みを実施している点、等を高く評価しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、有事における事業継続の推進に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 企業金融第3部 電話番号03-3244-1990

ページ先頭

ページトップへ