ホーム > DBJ News > 2012年08月 > [[News]]サンアローズ・インベストメント(株) (「...

DBJ News

2012年08月01日

[[News]]サンアローズ・インベストメント(株)
(「名古屋ルーセントタワー」「アゼリアヒルズ」)に対し、
DBJ Green Building認証を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、サンアローズ・インベストメント株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:豊島孝彦)が管理・運営を行う「名古屋ルーセントタワー」「アゼリアヒルズ」に対して、DBJ Green Building認証を実施しました。

 今回認証を実施した「名古屋ルーセントタワー」は平成19年1月に愛知県名古屋市に、「アゼリアヒルズ」は平成21年8月に宮城県仙台市に竣工したオフィスビルです。

 今回の各ビルの評価について、「名古屋ルーセントタワー」においては、(1)災害時でも本社機能を維持できる制震構造の採用や長時間稼働可能な予備電源の設置等高い防災性能を有している点、(2)名古屋エリアのランドマークとして各種イベントを実施する等、地域に根ざした運営を行っている点、(3)30年の長期修繕計画を策定して物件の長寿命化を促進している点、等を評価しました。
 その結果、「極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル」として「ゴールド」の認証を付与しました。

 また、「アゼリアヒルズ」においては、(1)外気の影響を受けやすい窓際部分に、自然換気が可能なフレッシュエアパネルやOAフロアヒーターの設置等、空調設備を始め優れた環境性能を備えている点、(2)高性能なセキュリティシステムの採用やテナント等と連携した震災時の対応を踏まえ、優れた防災・防犯性を有している点、(3)収容台数の多い立体駐車場の設置等、テナントのニーズに沿ったアメニティを提供している点、等を評価しました。
 その結果、「極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル」として「ゴールド」の認証を付与しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境や社会に配慮した不動産事業を行うお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(参考)
名古屋ルーセントタワー(愛知県名古屋市西区牛島町6番1号)
名古屋ルーセントタワー
敷地面積約14,100m²
延床面積約115,200m²
竣 工平成19年1月
構 造地上40階、地下3階


Gold

極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル




アゼリアヒルズ(宮城県仙台市宮城野区榴岡三丁目4番1号)

アゼリアヒルズ




敷地面積約3,983m²
延床面積約30,310m²
竣 工平成21年8月
階 数地上19階、地下1階、塔屋1階


Gold

極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル


 DBJ Green Building認証制度につきましては
こちら
をご覧ください。

 【お問い合わせ先】
 アセットファイナンスグループ 電話番号03-3244-1714

ページ先頭

ページトップへ