ホーム > DBJ News > 2013年02月 > 三菱オートリース(株)に対し、「DBJスマートジャパンプログ...

DBJ News

2013年02月28日 News

三菱オートリース(株)に対し、
「DBJスマートジャパンプログラム」に基づく融資を実施
-環境・エネルギー社会への転換を目指す企業活動を支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、三菱オートリース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:谷村信哉、以下「当社」という。)に対し、「DBJスマートジャパンプログラム」に基づく融資を実施しました。

 「DBJスマートジャパンプログラム」は、震災からの復旧・復興、円高、欧州金融危機、海外を含めたサプライチェーンの途絶など、外部環境の変化を踏まえた日本経済のサスティナビリティ確保を目的に、(1)世界に通じる競争力強化、(2)まちづくり、(3)環境・エネルギーの3分野について金融サポートを行うDBJ独自の融資制度です。

 当社は、自動車に関する総合的なソリューションを提供するオートリース会社として、車両リースのみならず、車両管理にかかる様々なソリューションを提供しています。特に電気自動車(以下「EV」という。)やハイブリッド車を中心とするエコカーの普及に力を入れており、EV専用のテレマティクスサービス(注)の導入やEV利用によるCO2排出削減クレジット創出の仕組み作り(「EVコミュニティ・えこりは」)など、業界に先駆けて、EV導入による付加価値・環境価値を見える化する取り組みも進めています。

 本件は、EVやハイブリッド車を中心とするエコカーの普及によって環境・エネルギー社会への転換を目指す当社を、「DBJスマートジャパンプログラム」に基づく融資によって支援するものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境・エネルギー社会への転換に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(注)EV特有の電力消費・電池残量等の情報をインターネット経由で把握できるサービス
 【お問い合わせ先】
 企業金融第3部 電話番号03-3244-1990

ページ先頭

ページトップへ