ホーム > DBJ News > 2013年06月 > トルコ航空に対し、円建て債券転換オプションを付与した米国輸出...

DBJ News

2013年06月17日 News

トルコ航空に対し、円建て債券転換オプションを付与した
米国輸出入銀行保証付ファイナンスをアレンジ
-世界初の取り組み-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、Turkish Airlines Inc.(以下「トルコ航空」という。)に対し、みずほフィナンシャルグループとともに、円建て債券への転換オプションを付与した米国輸出入銀行保証付ファイナンスを世界で初めてアレンジし、融資を実施しました。

 トルコ航空は、イスタンブールに本拠を置く世界最大規模のネットワークを有するトルコ共和国のナショナルフラッグキャリアです。DBJは、みずほ証券株式会社とともに、トルコ航空が取得する航空機を対象に、円建て債券への転換オプションを付与した米国政府保証(米国輸出入銀行の保証)付融資案件を世界で初めてアレンジし、株式会社みずほコーポレート銀行と融資を実施しました。また今般、トルコ航空が同オプションを行使したことから、みずほ証券株式会社およびDBJ証券株式会社を通じて、日本国内の投資家へ販売し、債券発行が行われました。

 DBJは、平成23年より航空機ファイナンスの市場に参入し、2年間で計1,000億円超の融資を実施し、平成25年度も1,200億円程度の融資を見込んでいる等、近年の航空業界における日系金融機関のプレゼンス向上の一翼を担っております。今回の取り組みは、成長を続け、資金需要が旺盛な世界の航空機市場と、日本の金融市場を結びつけることにより、航空業界および日本の金融市場の活性化に資する先進的な取り組みとなります。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、航空業界におけるお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

【お問い合わせ先】
 企業金融第4部 電話番号03-3244-1640

ページ先頭

ページトップへ