ホーム > DBJ News > 2013年10月 > [[News]]エヌ・ティ・ティ都市開発(株)およびヒューリ...

DBJ News

2013年10月15日

[[News]]エヌ・ティ・ティ都市開発(株)およびヒューリック(株)
に対し、「品川シーズンテラス」にかかる
DBJ Green Building認証を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧貞夫)およびヒューリック株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:西浦三郎)が大成建設株式会社、東京都市開発株式会社と共同で開発する「品川シーズンテラス」に対して、DBJ Green Building認証のプラン認証(注)を実施しました。

 今回認証を実施したオフィスビルは、東京都港区において開発が進められている「品川シーズンテラス」(平成27年2月竣工予定)です。

 今回の評価では、以下の点を高く評価しました。

 (1)ガラス表面に水の膜を作り気化熱により冷却を行う「ウォーターフローウィンドウ」や下水熱を利用した空調熱源設備、高感度人感・昼光センサーや太陽光発電・太陽光採光システムの採用等、最新の環境性能を備えている点
 (2)最高レベルの耐震性能を備えた免震構造や72時間対応の非常用電源に加え、帰宅困難者支援施策を備える等、ビルの防災やテナントの事業継続、地域の防災力向上において極めて優れた配慮がなされている点
 (3)3.5haの広大な緑地空間の整備により生態系ネットワークを創出し、また、給水型保水性舗装のクールウォールやクールロードを設置することで、生物多様性への配慮およびヒートアイランド対策等において極めて優れた取り組みを計画している点

 その結果、「国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル」として「Platinum (plan) 2013」の認証を付与しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境や社会に配慮した不動産事業を行うお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(注)「プラン認証」:竣工前の物件について、その開発計画を元に、環境性能やテナント利便性、その他オーナーや物件関係者との間で予定されている種々の取り組みを、DBJ Green Building認証のモデルを使ってスコアリングし、その開発計画である「プラン」について認証する仕組みのこと。

(認証物件)
品川シーズンテラス(東京都港区港南1-2-6(地番))
品川シーズンテラス
敷地面積49,547.86m²
延床面積205,785.83m²
竣 工平成27年2月予定
構 造地上32階、地下1階


 Platinum(Plan)
 国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル

DBJ Green Building認証制度につきましてはこちら をご覧ください。


【お問い合わせ先】
 都市開発部 電話番号03-3244-1722

ページ先頭

ページトップへ