ホーム > DBJ News > 2013年11月 > 立山黒部貫光(株)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資...

DBJ News

2013年11月01日 News

立山黒部貫光(株)に対し、
「地域元気プログラム」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、立山黒部貫光株式会社(本社:富山県富山市、代表取締役社長:佐伯博、以下「立山黒部貫光」という。)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

  「地域元気プログラム」は、地域の強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。北陸支店では『「心・技・体」で北陸地域を元気に』をテーマに、北陸地域の企業に対して、情報面・資金面でのサポートに取り組んでいます。

 立山黒部貫光は、富山県立山町と長野県大町市を結ぶ山岳観光ルートの開発を目的として、昭和39年に設立された観光・交通事業者です。立山黒部アルペンルートのうち、富山県側の立山駅~黒部湖駅間のケーブルカー・高原バス・ロープウェイ等の運輸事業を主体としており、昭和46年のルート全通以来、北陸における有数の観光スポットとして安定的な人気を誇っています。また、近年は、台湾・香港・韓国・東南アジア等、海外からの観光客も好調に推移しています。

 最近では、北陸新幹線延伸を控え、一層の安全・安定運行や環境への配慮を図るため、ケーブルカー設備の更新や、国立公園内を走る高原バスについて、ハイブリッドバスの導入等を進めています。
 DBJは、こうした立山黒部貫光の取り組みが、立山黒部アルペンルートの魅力の向上および北陸地域の観光基盤整備に繋がることから、「地域元気プログラム」の対象として認定し、融資を実施しました。なお、本件は、同プログラムを今年度に改訂し、『「心・技・体」で北陸地域を元気に』をテーマに定めてから、北陸支店初の案件となります。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後も地域の成長に資する事業を積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 北陸支店 業務課 電話番号076-221-9859

ページ先頭

ページトップへ