ホーム > DBJ News > 2013年11月 > 屋久島電工(株)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を...

DBJ News

2013年11月11日 News

屋久島電工(株)に対し、
「地域元気プログラム」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、屋久島電工株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:下泉学、以下「当社」という。)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

  「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みとして、平成22年5月に開始したものです。南九州支店では、『南九州「食、健康、環境・エネルギー」先進地域化プロジェクト』をテーマに、鹿児島県および宮崎県の企業に対して、情報面・資金面でのサポートに取り組んでいます。

 当社は、昭和27年に屋久島の水力資源の開発・利用を目的に設立され、水力発電による島内への電力供給を担っているほか、電気化学精錬業を営む国内では唯一の炭化珪素メーカーです。炭化珪素は従来から耐火材や研磨・研削材として利用されていますが、近時は、ディーゼル自動車用排ガス除去装置材料等の環境関連分野に用途が広がっています。

 本件は、屋久島島内の産業、生活に必要不可欠なエネルギーの安定供給を行うと同時に、地域の重要産業として炭化珪素製造事業を営む当社の取り組みを、地域における先進的な事例として評価したうえで、「地域元気プログラム」の対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、地域の成長に資する事業に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第6部 電話番号03-3244-1730
 南九州支店 業務課 電話番号099-226-2666

ページ先頭

ページトップへ