ホーム > DBJ News > 2013年12月 > [[News]]健康・医療産業への戦略的取り組み強化 ~ヘ...

DBJ News

2013年12月10日

[[News]]健康・医療産業への戦略的取り組み強化
~ヘルスケア戦略推進チームを設置~

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、このたび、わが国の健康・医療分野における事業の成長促進、競争力強化、事業基盤の強化等に向けた取り組みを強化することとし、「ヘルスケア戦略推進チーム」(以下「当チーム」という。)をあらたに設置しました。

 DBJは、次世代のわが国社会の発展に貢献するため、投融資一体型の特色ある金融サービスの提供に努めておりますが、今後とも、わが国社会の課題解決に向け、以下の観点から積極的に取り組んでまいる所存です。
 (1)わが国社会の活力の維持・向上
 (2)わが国産業の競争力強化に資する新たな価値の創造
 (3)新たな価値創造を支える産業・社会インフラの整備、地域の再構築

 健康・医療分野は、これらいずれの観点からも重要な分野であり、DBJでは、同分野を第2次中期経営計画の重点・強化分野の1つとして位置付け、ファイナンス(「DBJ健康経営格付」「DBJビジョナリーホスピタル」等の評価認証型融資の活用を含む)、アドバイザリーサービス、情報発信等積極的に取り組んでいるところです。
 こうした中、超高齢社会への本格的な移行を見据えた健康・医療産業の育成と基盤強化、日本の強みを生かした同産業の国際的な競争力強化は、さらに重要性を増しており、本年6月の政府の「日本再興戦略」、そして今般の政府の経済対策でもその推進が掲げられるようになっています。
 そこで、DBJでは、当チームを設置し、政府や地方公共団体、関連機関とも連携して、官民挙げたわが国の取り組みに寄与してまいります。

 当チームでは、以下の取り組みを強化していく予定であり、同産業に対する幅広い知見やネットワーク、投融資一体型のソリューション提供機能をフルに発揮して取り組んでまいります。

 ・医療機関へのリスクマネーを含むファイナンス、ヘルスケア施設の整備促進のための資金供給→医療・介護サービスの事業高度化・経営基盤強化、事業再編
 ・医療機器・製薬等の海外事業展開、事業再編、医工連携等事業者間連携に対する投融資一体型のソリューション提供→医療機器・製薬等の競争力強化
 ・在宅医療・地域包括ケアを支える関連サービスの事業化支援
 ・特区等を活用した戦略的ヘルスケア関連プロジェクトの組成支援、PPP/PFI等のノウハウ提供
 ・企業戦略、産業や地域政策等に資する各種調査、情報発信の実施 等


 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後ともヘルスケア産業の成長推進を積極的に行ってまいります。


【お問い合わせ先】
 ヘルスケア戦略推進チーム 電話番号03-3244-1730(企業金融第6部内)

ページ先頭

ページトップへ