ホーム > DBJ News > 2014年03月 > [[News]](株)西武ホールディングスに対し、 「DB...

DBJ News

2014年03月28日

[[News]](株)西武ホールディングスに対し、
「DBJ BCM格付」に基づくシンジケート・ローンを組成
-最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社西武ホールディングス(本社:埼玉県所沢市、代表取締役社長:後藤高志)に対し、「DBJ BCM格付」に基づくシンジケート・ローンを実施しました。

 「DBJ BCM格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の防災および事業継続への取り組みを評点化、優れた企業を選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 西武グループは、都市交通・沿線事業とホテル・レジャー事業、不動産事業の3つのセグメントを中心に、グループスローガン「でかける人を、ほほえむ人へ。」に基づき、多様な事業を展開しています。

 今回の評価では、池袋線および新宿線の2本の幹線を有する大手民鉄事業者である西武鉄道株式会社における防災および事業継続への取り組みを対象とし、特に以下の点を高く評価しました。

 (1)高架橋の耐震補強工事の推進等をはじめとするハード面での安全対策の実施に加え、さまざまな訓練の実施を通じたソフト面での対策により、災害発生時の二次災害防止に努めている点
 (2)事業継続計画の策定に際し、時間軸やボトルネックを勘案した事業影響度分析(BIA)を精緻に実施していることに加え、ボトルネックの見直しを毎年継続的に実施していく体制を整備している点
 (3)旅客輸送機能の代替性を確保すべく西武グループ内外のバス会社との連携体制整備に向けた取り組みを推進していることに加え、鉄道設備工事会社と平時から相互協力体制構築を図っている点
 (4)鉄道沿線所在自治体との連携協力体制にかかる協定の締結や、主要ターミナルでの帰宅困難者受け入れ態勢の整備等にも積極的に取り組んでいる点

 その結果、株式会社西武ホールディングス株式会社は「防災および事業継続への取り組みが特に優れている」という最高ランクの格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、有事における事業継続に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


<シンジケート・ローンの概要>
   アレンジャー:DBJ
   組成金額 :100億円



【お問い合わせ先】
 都市開発部 電話番号03-3244-1710

ページ先頭

ページトップへ