ホーム > DBJ News > 2015年02月 > [[News]](株)白謙蒲鉾店に対し、「DBJ BCM格付...

DBJ News

2015年02月23日

[[News]](株)白謙蒲鉾店に対し、「DBJ BCM格付」および
「地域元気プログラム」に基づく融資を実施
-最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社白謙蒲鉾店(本社:宮城県石巻市、代表取締役社長:白出哲弥、以下「当社」という。)に対し、「DBJ BCM格付」および「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。なお、東北地域における「DBJ BCM格付」最高ランクの取得は当社が初めての事例となります。

 「DBJ BCM格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより、防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。また、「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みで、東北支店では「新しい東北の産業創成」というテーマに合致する生産・販売・経営面の先進的・創造的な取り組みを、情報面・資金面からサポートしています。

 当社は、笹かまぼこを中心とするかまぼこ製品の製造・販売を行う水産加工事業者です。素材の品質に徹底してこだわった当社の製品は、県内外で根強い人気があり、高い評価を得ています。東日本大震災に伴う津波により当社の3工場全てが被災し、一時休業を余儀なくされましたが、翌月には生産を再開する等、高い事業継続力を有しています。

 DBJは、当社を東北支店の「地域元気プログラム」の対象として認定するとともに、今回の格付評価において以下の点を高く評価しました。

(1)経営陣のリーダーシップのもと、全社一丸となった人命の安全確保の対策を講じており、訓練などを通じて実効性ある防災対策を進めている点
(2)組織的かつ継続的にBCMの取り組みを進めるべく、ISO22301認証を活用するなどして、リスクベースの統合的な経営マネジメントシステムの構築に向けた取り組みを進めている点
(3)サプライチェーンの上流・下流の事業者との間で、リスク情報について定期的に共有した上で、調達先の分散化や戦略在庫の確保のリスク低減措置を講じている点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後も地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 東北支店 企画調査課 電話番号022-227-8182

ページ先頭

ページトップへ