ホーム > DBJ News > 2015年03月 > (株)南都銀行等と奈良県の観光活性化に係る連携協定を締結

DBJ News

2015年03月02日 News

(株)南都銀行等と奈良県の観光活性化に係る連携協定を締結

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、本日、株式会社南都銀行(取締役頭取:植野康夫、以下「南都銀行」という。)、株式会社地域経済活性化支援機構(代表取締役社長:瀬谷俊雄、以下「REVIC」という。)および株式会社リサ・パートナーズ(代表取締役社長:田中敏明、以下「リサ」という。)との間で、奈良県の観光活性化に関する連携協定を締結しました。

 南都銀行が営業基盤とする奈良県は、わが国有数の歴史的文化遺産が存在しています。観光関連産業は、地域の主たる産業として位置付けられ、観光の活性化は、地域経済の活性化や雇用の機会の増大等により、奈良県の経済発展に寄与するものと考えられます。また、南都銀行の中期経営計画においても、観光振興を通じた地域活性化がテーマのひとつに取り上げられています。

 DBJ、REVICおよびリサは、観光産業を通じた地域経済の活性化を目的として、平成26年4月に観光活性化マザーファンド投資事業有限責任組合を組成しています。今後は、本協定に基づき、南都銀行との連携のもと、DBJ、REVICおよびリサが有する専門的知見やファイナンスノウハウを活かしつつ、奈良県における観光の活性化を通じ、地域経済の活性化を支援してまいります。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、地域経済の活性化を積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業ファイナンス部 電話番号03-3244-1351

ページ先頭

ページトップへ