ホーム > DBJ News > 2015年03月 > [[レポート]]「ラグビーワールドカップ2019日本大会の ...

DBJ News

2015年03月18日

[[レポート]]「ラグビーワールドカップ2019日本大会の
九州における経済効果試算」を発行

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、このたび「ラグビーワールドカップ2019日本大会の九州における経済効果試算」と題した調査レポートを発行しました。

 2019年(平成31年)に日本開催が決定しているラグビーワールドカップの開催都市12ヶ所のうち、九州地域から福岡、大分、熊本の3都市が選出されました。当レポートでは、ラグビーワールドカップ開催による九州地域への経済波及効果について試算したものです。

・経済波及効果試算結果:350億円

 (内訳)直接効果210億円
1次波及効果83億円
2次波及効果57億円

 当レポートをご希望の方は、DBJウェブサイト「地域・海外レポート(九州)」(http://www.dbj.jp/investigate/area/kyusyu)に掲載しておりますので、ご参照ください。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後とも地域に役立つ情報発信を積極的に行ってまいります。


【お問い合わせ先】
 九州支店 電話番号092-741-7737

ページ先頭

ページトップへ