ホーム > DBJ News > 2015年03月 > [[News]](株)オギノホールディングスに対し、 「地...

DBJ News

2015年03月20日

[[News]](株)オギノホールディングスに対し、
「地域元気プログラム」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社オギノホールディングス(本社:山梨県甲府市、代表取締役社長:荻野寛二、以下「当社」という。)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

 「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。企業金融第6部では、「ヒト・モノ・情報が集積、変化する地域事情に応じたインフラの整備・更新」をテーマのひとつとして、関東甲信の企業に対して、情報面・資金面でのサポートに取り組んでいます。

 当社は、山梨県を中心とするドミナントエリアの形成、43店舗の展開により、県内トップシェアを誇る地域密着型スーパーストアチェーン「オギノ」の持株会社です。オギノでは、平成11年にフリークエントショッパーズプログラムを導入しており、会員カードの利用により得られる購入商品のデータを収集・分析し、顧客を年代・ライフスタイル等で分類することで、顧客毎に最も適したサービスや特典を付与し、優良顧客の維持・拡大を図っています。

 本件は、地域住民にとって必要不可欠な生活インフラとしての役割を担うオギノの新規出店および既存店改装であり、「地域元気プログラム」の対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第6部 電話番号03-3244-1730

ページ先頭

ページトップへ