ホーム > DBJ News > 2015年07月 > [[News]] 阪神電気鉄道(株)および阪急電鉄(株)に...

DBJ News

2015年07月21日

[[News]] 阪神電気鉄道(株)および阪急電鉄(株)に対し、
「梅田1丁目1番地計画」にかかる
DBJ Green Building認証を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪府福島区、代表取締役社長:藤原崇起)および阪急電鉄株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中川喜博)が開発する「(仮称)梅田1丁目1番地計画ビル」に対し、DBJ Green Building認証のプラン認証(注)を実施しました。

 今回の認証では、以下の点を評価しました。

(1)専有部全体においてLED照明を採用するほか、太陽光発電設備を設置する等、省エネ・創エネを通じた環境配慮を行う点
(2)72時間対応の非常用発電機の設置に加え、ガスコージェネレーション設備や構造ヘルスモニタリングシステムを導入する等、ビルの防災やテナントBCPの観点で優れた取り組みを実施する点
(3)多目的利用が可能な大規模カンファレンスゾーン(4,000m²)を整備し、災害時には、屋上広場・歩行者デッキと併せて一時避難スペースとして提供するほか、帰宅困難者の一時滞留スペースとしても活用する等、積極的な地域貢献を計画している点

 その結果、「(仮称)梅田1丁目1番地計画ビル」については、「国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル」として認証を付与しました。

 DBJ Green Building認証制度については、一般財団法人日本不動産研究所との共同運営サイト(下記URL)をご覧ください。
http://igb.jp/index.html

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境や社会に配慮した不動産事業を行うお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(注)「プラン認証」:竣工前の物件について、その開発計画を元に、環境性能やテナント利便性、その他オーナーや物件関係者との間で予定されている種々の取り組みを、DBJ Green
Building認証のモデルを使ってスコアリングし、その開発計画である「プラン」について認証する仕組みのこと。


(認証物件)
(仮称)梅田1丁目1番地計画ビル(大阪府大阪市北区梅田一丁目)

(仮称)梅田1丁目1番地計画ビル  敷地面積:約12,200m²
 延床面積:約260,000m²
 竣工  :平成34年春
 構造  :地上38階地下3階

   国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル

 国内トップクラスの卓越した
 「環境・社会への配慮」がなされたビル



【お問い合わせ先】
 関西支店 企画調査課 電話番号06-4706-6455

ページ先頭

ページトップへ