ホーム > DBJ News > 2015年10月 > 日本鋳鍛鋼(株)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を...

DBJ News

2015年10月20日 News

日本鋳鍛鋼(株)に対し、
「地域元気プログラム」に基づく融資を実施
-北九州の「ものづくり」産業の成長を応援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、日本鋳鍛鋼株式会社(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:塩浦信男、以下「当社」という。)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

 「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。九州支店では、「独自の成長戦略を有する地場企業の競争力強化」をテーマのひとつとして、北部九州エリアの企業に対して、情報面・資金面でのサポートに取り組んでいます。

 当社は、発電・鉄鋼プラント、船舶等の重要部材として使用される鋳鍛鋼品の一貫専業メーカーです。長年にわたり蓄積された製造ノウハウにより、特に高い品質が要求される火力・原子力発電用のタービンロータ軸材で世界有数のシェアを誇り、国内外でその技術力が高く評価されているグローバルトップ企業です。

 本件は、以下の点から当社を「地域元気プログラム」の対象として認定し、融資を実施したものです。

(1)高い製造技術を背景に、今後海外市場の拡大が期待される発電プラント等のサプライチェーンの中で重要な役割を担っている点
(2)継続した新規採用に努め、安定的に地域の雇用を創出しているほか、高い技術力を維持するための技能承継への取り組みなど、地域の高度な人材育成に貢献している点
(3)近時は北九州の産業観光振興の観点から工場見学の受け入れを推進するなど、地域の活性化に貢献している点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後も地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 九州支店 電話番号092-741-7734

ページ先頭

ページトップへ