ホーム > DBJ News > 2015年10月 > 三和澱粉工業(株)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資...

DBJ News

2015年10月30日 News

三和澱粉工業(株)に対し、
「地域元気プログラム」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、三和澱粉工業株式会社(本社:奈良県橿原市、代表取締役社長:伊藤歩、以下「当社」という。)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

 「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。関西支店においては、「関西先端ものづくり企業サポートプログラム」と「関西地域の商業・物流活性化サポートプログラム」の両プログラムをテーマに、関西地域の最先端ものづくり産業および物流拠点活性化促進等の取り組みを、情報面・資金面からサポートしています。

 当社は、昭和22年の創業以来、技術開発に継続的に取り組み、創業当初の甘藷デンプンの製造から、コーンスターチ(トウモロコシを原料とするデンプン)の製造やデンプンを原料とする異性化糖の製造へと事業領域を拡大してきた大手デンプン・糖化製品メーカーです。優れた独自技術を活かして、医療用輸液等に用いられる高純度結晶マルトースの量産化や、砂糖の吸収を抑制し血糖値の急上昇を抑制する機能を有する高純度アラビノースの量産化に成功するなど、際立った実績を有しています。

 本件は、当社を関西支店の地域元気プログラム「関西先端ものづくり企業サポートプログラム」の対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後も地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 関西支店 企画調査課 電話番号06-4706-6455

ページ先頭

ページトップへ