ホーム > DBJ News > 2016年04月 > 政策研究大学院大学との共同による修士課程公共政策プログラム「...

DBJ News

2016年04月04日 News

政策研究大学院大学との共同による修士課程公共政策プログラム
「地域振興・金融コース」の開設について

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、このたび、政策研究大学院大学(以下「GRIPS」という。)と共同で、官民一体による実効性ある地域振興のためのプロジェクトや支援策を企画立案し、推進する人材の育成を目的とした新コース「地域振興・金融コース」を、GRIPSの修士課程公共政策プログラムの中に開設しました。

 本コースでは、地域の成長戦略の実現に向けて、地方自治体と地域金融機関が相互に連携した取り組みを行うことの重要性に鑑み、地域振興の考え方、地域経済の分析、地域におけるプロジェクト・ファイナンス、アジアを中心とした海外への地域産業の展開などに関する理論や知識、具体的手法を総合的に修得することを目指します。ケーススタディなどを通じて実践的な能力を修得を図るため、DBJグループや関係省庁等からも本コースに講師陣を派遣します。

 本コースは、ビジネスや金融の視点にも立った政策立案能力の向上を期待される地方自治体職員と、地域産業・企業の競争力強化などに対する「目利き」力やリスクテイク能力の涵養を図ることが求められる地域金融機関の職員等を対象としています(なお、今年度の受講生は、所要の選抜手続きに基づき既に決定しています)。

 カリキュラムおよび修了要件の概要は別紙の通りです。また、コースの詳細等についてはGRIPSウェブサイト(下記URL)をご覧ください。
http://www.grips.ac.jp/jp/education/dom_new-public/regional_dev_fin/
 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、地域での創造的な挑戦を応援してまいります。


【お問い合わせ先】
 設備投資研究所 総務班 電話番号03-3244-1890

ページ先頭

ページトップへ