ホーム > DBJ News > 2016年04月 > 野村不動産マスターファンド投資法人に対し、「Landport...

DBJ News

2016年04月28日 News

野村不動産マスターファンド投資法人に対し、
「Landport板橋」ほか3棟にかかる
DBJ Green Building認証を実施

株式会社日本政策投資銀行
一般財団法人日本不動産研究所

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)および一般財団法人日本不動産研究所(理事長:福田進、以下「JREI」という。)は、野村不動産マスターファンド投資法人(本社:東京都新宿区、執行役員:栁田聡)が保有する物流施設「Landport板橋」「Landport川越」「Landport八王子」「Landport春日部」に対し、DBJ Green Building認証を実施しました。

 今回の認証では、以下の点を評価しました。

(1)省エネルギー、リサイクル、利用施設の快適性の確保等を啓発・推奨した書面をテナントに対して配布し、入居者と共に環境に配慮したビル運営を行っている点
(2)天井高や床荷重、柱スパン等について、ゆとりある設計とすることで最新の物流施設に相応しい汎用性を確保し、物流事業者の幅広いニーズに対応している点
(3)「Landport川越」「Landport八王子」においては、断熱性の高い外壁や屋根の採用に加え、大規模な太陽光発電の実施による創エネルギーを実現することで、環境に配慮した取り組みがなされている点

 その結果、4物件全てについて、「極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル」として、認証を付与しました。

 DBJ Green Building認証制度については、DBJとJREIの共同運営サイト(下記URL)をご覧ください。
http://igb.jp/index.html
 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境や社会に配慮した不動産事業を行うお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

 JREIは、変革期にある不動産の新しい時代のために、「組織力」「研究・開発力」「情報力」の3つの力を融合し、社会のさらなる発展に向けて、不動産を見守り続けてまいります。

(認証物件)
「Landport板橋」
(東京都板橋区舟渡四丁目)

Landport板橋  敷地面積:27,305.12m²
 延床面積:53,561.44m²
 竣工  :平成20年1月
 構造  :地上6階

 極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル

 極めて優れた
「環境・社会への配慮」がなされたビル


「Landport川越」
(埼玉県川越市南台一丁目)

Landport川越  敷地面積:36,436.35m²
 延床面積:72,352.88m²
 竣工  :平成21年5月
 構造  :地上4階

 極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル

 極めて優れた
「環境・社会への配慮」がなされたビル


「Landport八王子」
(東京都八王子市石川町)

Landport八王子  敷地面積:18,172.05m²
 延床面積:35,948.63m²
 竣工  :平成20年11月
 構造  :地上5階

 極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル

 極めて優れた
「環境・社会への配慮」がなされたビル


「Landport春日部」
(埼玉県春日部市南栄町)

Landport春日部  敷地面積:14,857.27m²
 延床面積:29,553.64m²
 竣工  :平成21年6月
 構造  :地上4階

 極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル

 極めて優れた
 「環境・社会への配慮」がなされたビル


【お問い合わせ先】
 株式会社日本政策投資銀行 都市開発部 電話番号03-3244-1710

ページ先頭

ページトップへ