ホーム > DBJ News > 2016年05月 > ADFIAP Awards 2016を受賞-相談役 橋本 徹...

DBJ News

2016年05月20日 News

ADFIAP Awards 2016を受賞
-相談役 橋本 徹がDistinguished Person Awardを受賞-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、平成28年5月2~5日にサモア・アピアで開催されたADFIAP(アジア太平洋開発金融機関協会(※))の年次総会において、DBJ相談役の橋本徹を対象に、ADFIAP Awards 2016の個人部門であるDistinguished Person Awardを受賞しました。

 ADFIAP Awardsは、優秀かつ啓発性の高いディール・取り組みを広く周知し、金融手法・技術の共有を図る目的で、優れた実績を残したアジア太平洋地域の開発金融機関を表彰するものです。

 その個人部門であるDistinguished Person Awardは、経済開発、特に開発金融の分野にて国家的・国際的な業績を有する者を表彰するものです。

 今回受賞対象者となった相談役の橋本徹は、代表取締役社長就任期間(平成23年~平成27年)における、東日本大震災後の復興支援ファンドの組成、グリーンボンドやサステイナビリティボンドの起債等の環境・危機対応金融分野に係る取り組み、女性起業サポートセンター創設による女性の活躍支援等が評価され、同Awardを受賞しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境や社会に配慮した事業を実施するお客様の取り組みや国内社債市場における社会的責任投資の拡大に貢献してまいります。

(※)ADFIAP概要

 正式名称Association of Development Financing Institutions in Asia and the Pacific(アジア太平洋開発金融機関協会)
 設立昭和51年10月(本部:フィリピン/マニラ)
 目的アジア太平洋地域の開発金融機関の協調促進、開発金融の調査研究、人材育成等
 加盟機関アジア45ヶ国・地域、131機関

【お問い合わせ先】
 国際統括部 電話番号03-3244-1770

ページ先頭

ページトップへ