ホーム > DBJ News > 2016年08月 > [[News]]「マーキュリア日本産業成長支援投資事業有限責...

DBJ News

2016年08月31日

[[News]]「マーキュリア日本産業成長支援投資事業有限責任組合」
の組成について
-「特定投資業務」を活用し、中堅企業の成長を支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社マーキュリアインベストメント(本社:東京都千代田区、代表取締役:豊島俊弘、以下「MIC」という。)と協働して、本邦中堅企業等の成長を支援するため、「マーキュリア日本産業成長支援投資事業有限責任組合」(以下「当ファンド」という。)を組成しました。

 当ファンドは、DBJ関連会社で「クロスボーダー投資」等に実績を有するMICと連携することにより、優れた製品・技術・サービスを持つ地域中堅企業等の海外展開等を通じた新事業開拓に向けた取り組みを支援するものです。今般、DBJ、MICに加えて、MICと資本提携をしている三井住友信託銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:常陰均)も出資し、当ファンドの立ち上げを行いますが、今後、地域金融機関を含む民間金融機関や事業会社等を組合員として招聘することを予定しています。

 なお、DBJ による当ファンドへの出資は、「特定投資業務」として実施を予定しています。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後とも「特定投資業務」を通じた成長資金に係る市場の発展や地域経済の活性化、競争力強化に向けたお客様の取り組みを積極的にサポートしてまいります。

【当ファンドの概要】

名称
マーキュリア日本産業成長支援投資事業有限責任組合
組成日
平成28年8月31日
ファンド総額
81億円(初回クロージング)
無限責任組合員
株式会社マーキュリアインベストメント
有限責任組合員
株式会社日本政策投資銀行
三井住友信託銀行株式会社
期間
投融資期間5年(最終クロージングより)
存続期間10年(必要に応じて延長を行うこともあります)



【当ファンドのスキーム図】
【当ファンドのスキーム図】


【お問い合わせ先】
 企業投資部 電話番号03-3244-1140

ページ先頭

ページトップへ