ホーム > DBJ News > 2018年03月 > [[News]]名工建設(株)に対し、「DBJ BCM格付」...

DBJ News

2018年03月13日

[[News]]名工建設(株)に対し、「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施
-2回連続で最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)
は、名工建設株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:渡邉清、以下「当社」という。)に対し、「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ BCM格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより、防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、昭和16年に鉄道工事専門会社として設立されて以来、新幹線・在来線などの鉄道線路の敷設・保守工事に一貫して携わり、その経験と技術を通じて、鉄道運行の原点である安全・安定輸送を支えています。また、台風や地震などといった災害への対応力を高めるべく多面的な事業継続への取り組みを実施しています。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)中期経営計画においてBCP体制の強化を掲げ、既存の計画の見直しとあわせて、トップ主導のもと経営と一体となったBCMの高度化に取り組んでいる点
(2)社会インフラの構築に携わる事業者として「企業活動そのものが社会貢献である」という認識のもと、コアメンバーへの優先電話の配布やドローン活用など新技術を試行導入するほか、ブラインド形式での参集訓練等、毎年テーマを見直しながら防災訓練により取り組みの実効性を高め、災害リスクの低減を図っている点
(3)協力会社と一体となったBCM体制のもと、社内外への影響等複数の観点から重要業務を選定し目標復旧時間・レベルを定めるとともに、主要顧客との対話を踏まえた連携訓練の実施や、同業他社との相互応援体制の構築等、早期復旧に向けた不断の改善に取り組んでいる点

 その結果、当社は「防災及び事業継続への取り組みが特に優れている」という最高ランクの格付を前回に引き続き2回連続で取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、有事における事業継続の推進に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   東海支店 電話番号 052-589-6892

ページ先頭

ページトップへ