ホーム > DBJ News > 2018年03月 > マーキュリア日本産業成長支援投資事業有限責任組合によるぺんて...

DBJ News

2018年03月22日 News

マーキュリア日本産業成長支援投資事業有限責任組合による
ぺんてる(株)への資本参加について

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社マーキュリアインベストメント(本社:東京都千代田区、代表取締役:豊島俊弘、以下「MIC」という。)と協働して組成した「マーキュリア日本産業成長支援投資事業有限責任組合」(注1)(以下「当ファンド」という。)を通じ、ぺんてる株式会社(以下、「ぺんてる」という。)へ資本参加したことをお知らせいたします。

 ぺんてるは、1946 年に設立され、筆記具を中心とする文具、画材、電子機器等の製造販売を行うメーカーです。世界初のノック式シャープペンシル、米国大統領が愛用するなど大ヒット商品となった「サインペン」等、創業来高品質な筆記具を開発し、「ぺんてる」ブランドを展開するリーディングカンパニーです。直近では、ゲルインキボールペン「エナージェル」や芯の折れないシャープペン「オレンズ」等、高付加価値商品の需要が増加する日本や米国等の先進国を中心に革新的なベストセラー商品を展開しています。

 本件は、今後中間層や就学・就職人口の増加による成長が期待されるアジア等において、ぺんてる海外事業のさらなる推進等を支援するものであり、ぺんてるおよびわが国企業の国際競争力強化に資すると期待されることから、当ファンドを通じ、DBJの「特定投資業務」を活用しサポートを行うものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後とも「特定投資業務」を通じた成長資金に係る市場の発展や地域経済の活性化、競争力強化に向けたお客様の取り組みを積極的にサポートしてまいります。

(注1) 当ファンドは、DBJ関連会社で「クロスボーダー投資」等に実績を有するMICと連携することにより、優れた製品・技術・サービスを持つ中堅企業等の海外展開等を通じた新事業開拓に向けた取り組みを支援することを目的に、平成28年8月に設立されました。当ファンドからぺんてるへの出資を目的として設立された「PI投資事業有限責任組合」を通じて資本参加しています。

【お問い合わせ先】
   企業投資部 電話番号 03-3244-1140

ページ先頭

ページトップへ