ホーム > DBJ News > 2018年03月 > 静岡銀行との共同運営ファンドの組成について

DBJ News

2018年03月23日 News

静岡銀行との共同運営ファンドの組成について

 株式会社日本政策投資銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、企業の事業承継・事業継続に関する課題を解決するために、株式会社静岡銀行(本社:静岡県静岡市、代表取締役頭取:柴田久、以下「静岡銀行」という。)と共同運営ファンド「しずおか事業承継・事業継続支援ファンド投資事業有限責任組合」(以下「当ファンド」という。)を3月23日に組成し、運用を開始しました。

 全国的に経営者の高齢化が進む中、事業承継の必要性が増しており、あわせて、企業が抱える事業承継における課題も多岐に渡っております。これまで静岡銀行およびDBJでは、関連会社や税理士法人等の外部提携先と連携して、取引先の事業承継における課題解決の支援を行ってきました。

 今般新たな取り組みとして、幅広い顧客基盤を有する静岡銀行と、優先株や劣後ローン等多様な金融サービスのノウハウを有するDBJが連携し、中長期の資本性資金を提供することで地域経済の活性化や発展に取り組んでまいります。なお、当ファンドに対するDBJの出資については、地域経済の活性化や企業の競争力強化に資する成長資金を集中的に供給するものとして、「特定投資業務」(注)を活用します。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後とも「特定投資業務」を通じた成長資金に係る市場の発展や地域経済の活性化、競争力強化に向けたお客様の取り組みを積極的にサポートしてまいります。

(注)「特定投資業務」とは、民間による成長資金の供給の促進を図るため、国からの一部出資(産投出資)を活用し、企業の競争力強化や地域活性化の観点から、成長資金の供給を時限的・集中的に実施することを企図して設けられたものです。
【お問い合わせ先】
   日本政策投資銀行 企業ファイナンス部 電話番号 03-3244-1351


〔当ファンドの概要〕

名称
しずおか事業承継・事業継続支援ファンド投資事業有限責任組合
組成日
平成30年3月23日
存続期間
10年
投資形態
優先株式引き受け、劣後ローン等
投資対象
・株式が分散している、株主から買取りの要請を受けているなど
 一部株主からの買取りの必要性が生じている取引先
・後継者未定であるが、相続対策のため、一時的に株式の保有希
 望のある取引先
・その他事業承継、事業継続に課題を抱えている取引先
無限責任組合員(GP)
静岡キャピタル株式会社
DBJ地域投資株式会社
有限責任組合員(LP)
株式会社静岡銀行
株式会社日本政策投資銀行

(GP)はGeneral Partner、(LP)はLimited Partnerの略称です。



 〔運営会社の概要〕

名称静岡キャピタル株式会社
所在地静岡県静岡市
株主株式会社静岡銀行 等

名称DBJ地域投資株式会社
所在地東京都千代田区
株主株式会社日本政策投資銀行


〔当ファンドのスキーム図〕〔当ファンドのスキーム図〕

ページ先頭

ページトップへ